[PR]

 史上初となるはずだった米朝首脳会談が、開催の決断から80日足らずで頓挫した。トランプ米大統領は、北朝鮮の最近の相次ぐ攻撃的な声明に怒りを隠さず、北朝鮮が豊渓里(プンゲリ)の核実験場を爆破したその日に「中止」を通告した。北朝鮮が対抗措置をとることも考えられ、朝鮮半島をめぐる情勢が危機的な状況に後戻りする可能性がある。

 世界が驚いた突然の一通だった。「この手紙をもって、双方にとっては良いことで、世界にとっては不利益ではあるが、シンガポールでの首脳会談は開かれないことをお知らせする」

 トランプ氏が「金正恩(キムジョンウン)氏は取引するに値する」と直感で決断した、史上初の米朝首脳会談は決断からわずか80日足らずで崩壊した。

 トランプ氏は書簡で「あなたの…

この記事は有料会員記事です。残り2412文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2412文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2412文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも