[PR]

 財務省が森友学園との交渉記録を意図的に廃棄していた問題について、麻生太郎財務相は25日の閣議後会見で謝罪し、「関与した職員に対する処分を行う」と明言した。麻生氏の辞任を求める声が高まっているが、「一連の問題にきちんと対応することをもって引き続き職責を果たしていきたい」と否定した。

 麻生氏は「国会答弁が事実と異なっていた。極めてゆゆしきことで深くおわび申し上げる」と謝罪。当時の理財局長だった佐川宣寿・前国税庁長官の関与など詳しい経緯を調査したうえで、関わった職員を処分する考えを示した。

 交渉記録には、安倍晋三首相の妻、昭恵氏付の政府職員が学園側への優遇措置について照会したメモも含まれていた。しかし、麻生氏は「安倍昭恵という人の影響を受けて、それに対応して安くするとか高くするとかという意味での関連は全くなかった」と昭恵氏の関与を否定した。学園側が昭恵氏の写真を財務省に示したとされる際の記録がなかった点についても、「別に不思議に感じなかった」と話した。再調査については「今の段階で考えていない。今回出した資料が答えだ」と述べた。

こんなニュースも