[PR]

(25日、大相撲夏場所 13日目)

 前日、白鵬との力相撲を制した栃ノ心に思わぬ落とし穴が待っていた。

 先場所敗れた正代を立ち合いから突き放す。相手が引いたところを前へ。ただ「頭を下げちゃった」。最後の一歩が及ばず、右手が先についた。ここまで完璧な内容で白星を重ねていただけに支度部屋では悔しさがあふれた。「あーくそ!」。何度も叫んだ。

 大関昇進をすでに決定的にし、視線は2度目の賜杯(しはい)を向く。トップに並ばれた鶴竜との決戦へ。「今日の負けた相撲を忘れたい。頑張るだけだね」と言い残し、帰路についた。