【動画】「オホーツクに来て」 LS北見、地元アンバサダーに就任=浅野有美撮影
[PR]

 平昌(ピョンチャン)五輪カーリング女子で銅メダルを獲得したLS北見がオホーツク海の魅力を発信する「オホーツクール」のアンバサダーに就任し、25日に東京都内で会見した。スキップの藤沢五月は「私たちをきっかけにして、オホーツクに行ってみたいなと思ってもらえたらうれしい」と語った。

 オホーツク海の魅力について、サードの吉田知那美は「5キロくらいなら信号なしでランニングができる」と言い、リードの吉田夕梨花は「飛行機を降りた瞬間の澄んだ空気が最高のぜいたく」。セカンドの鈴木夕湖は「海産物が豊富。私は『ほたてチーズ』が好き。お土産屋さんにあります」とPRした。

 今季について、藤沢は「五輪の力って大きいなって。日本中が悔しがって、喜んでくれて。改めてスポーツの力ってすごいと感じた」と振り返った。来季に向けて、本橋麻里は「常に進化できるチームでありたい。世界に引けをとらないようにしたい」と語った。

 「オホーツクール」は、LS北見の地元である北見市など北海道の18市町村でつくるオホーツクイメージ戦略推進委員会が、全国に地域の魅力を広めるために昨年から始めた発信事業。(浅野有美