[PR]

 日本大学のアメリカンフットボール部の選手が、関西学院大との定期戦で悪質タックルをした問題では、選手自らが記者会見を開き、経緯を語った。「謝罪のため」と顔も名前も出す形だったが、弁護士からは「将来を考え、ずっと顔をアップで映すのは控えてほしい」と要請も出された。異例ずくめの会見を巡り、報道各社の対応は分かれた。

 「20歳を過ぎたばかりの未成年に近い方が顔を出すことのリスクは、ご両親やご本人にも話したが、顔を出さないと謝罪にならない、とあえて撮影を受けることにした。しかし代理人としては、長い将来のある若者にこの先どのような不測の事態があるとも限らないので、ずっとアップで撮るようなことは避け、格別のご配慮をいただきたい」

 22日午後、日大の選手が開いた会見の冒頭で、代理人の西畠正弁護士が切り出した。

 注目を集めた会見は、TBS、日本テレビなど多くのテレビ局が生中継し、NHKも大相撲中継の予定を変えて約1時間、中継を続けた。選手の顔が長時間流れ、その後のニュース番組などでも映像が使われた。

 新聞も、多くの社が1面と社会面、スポーツ面など複数の面に記事を掲載。朝日新聞(東京本社最終版)は、1面では会場内に入る際に横から撮った写真を、社会面では選手の横顔の写真を掲載した。名古屋、大阪、西部最終版は、1面に横顔の写真を使った。朝日新聞は、弁護士の冒頭コメントをふまえた上で、20歳の若者が記者会見にあえて臨んだ姿や、会見全体の雰囲気がどうやったら伝わるか、などを考え判断した。

 毎日新聞は、1面には横顔、社…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら