[PR]

 県外からの子育て世代などの移住、定住を促そうと阪神北県民局が6月から、三田市のニュータウンにある県営住宅「三田富士が丘高層住宅」の一室を「お試し居住」として希望者に貸す試みに乗り出す。

 同局は三田、伊丹、宝塚、川西各市と猪名川町を「ひょうご北摂」と名付け、魅力を紹介する冊子を発行するなどしてきた。お試し居住は初の試みで、県外在住の人が対象。貸す1室は3LDKで、10階建ての5階にある。

 家具や寝具、食器類をそろえ、自転車1台、駐車スペース1台分(無料)も用意。基本2泊3日~6泊7日で、体験料は1組あたり1日500円。神戸電鉄フラワータウン駅から徒歩約15分にあり、買い物にも便利という。実施期間は来年3月まで。

 同局は「関心がある県外の友人や知人に勧めてもらえたら」と期待する。問い合わせは県営住宅お試し居住事務局(06・4796・3734、平日)。(藤井匠)