[PR]

 忙しい中学校の教員の負担を減らそうと、部活動で教員に代わって顧問の役割を担う「部活動指導員」が、宇都宮市の三つの中学校でスタートした。市独自の事業で、県内では初の取り組みという。市は今年度はモデルとして3人を派遣し、負担軽減の効果を検証する。

 部活動指導員は昨春に文部科学省が定めた制度にのっとった事業で、宇都宮市は当初予算案に約900万円を計上した。

 これまでも外部の部活指導者としては「地域指導者」の制度があった。だがボランティアの色合いが強く、大会への生徒の引率は顧問の教員でなければできないなど活動には制約があった。

 新たに採り入れた部活動指導員…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら