高畑充希、異色キャラ好演「タメ口快感」 カホコで脱皮

有料会員記事

杢田光
[PR]

ドラマ「68歳の新入社員」に主演、高畑充希(26)

 「混沌(こんとん)とした時期だった」。この数年間を、こう振り返った。

 2016年のNHKの連続テレビ小説とと姉ちゃん」で主演を務め、CMなどでのびやかな歌声を披露し話題になった。その後も活躍の場は広がる一方だったが、人知れず迷いもあったという。「朝ドラ前後くらいから、急にフィールドが広がって。すごく戸惑いました」

 それが吹っ切れたのは、昨夏のドラマ「過保護のカホコ」(日本テレビ系)に出演してから。「これまでは主演に居心地の悪さを感じていたけれど、主演だからこそ周りに提案できることもある。状況をハッピーに捉えられるようになりました」

 今回は、ヘッドハンティングされてやってきた老舗和菓子会社のチームリーダー工藤繭子を演じる。ある日突然、40歳年上の男性(草刈正雄)が部下になり、最強のコンビになっていくヒューマンドラマだ。タメ口で草刈と渡り合う異色のキャラで、「お芝居だからタメ口も許される。快感もありました」。役柄については「頑張りすぎちゃうところとか、共感できる20、30代は多いんじゃないかな。私自身はもうちょっと『適当に』というか、プライベートでガス抜きをしています」。

 繭子のような同世代へのメッ…

この記事は有料会員記事です。残り370文字有料会員になると続きをお読みいただけます。