[PR]

 16日に63歳で亡くなった歌手、西城秀樹さんの告別式が26日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。歌手仲間や芸能関係者、ファンら1万人強が参列。情熱的な歌で日本の歌謡史に一時代を築き、晩年は病と闘いながらも歌い続けたトップスターに別れを告げた。

 弔辞は、西城さんと同じ1970年代にデビューし、「新御三家」と呼ばれた歌手の野口五郎さんと郷ひろみさん。最初に祭壇の前に立った野口さんは「秀樹と(つきあっての)46年間は簡単に語ることができない。君は特別な存在だった。あるときは兄、弟、親友。そしてライバル。でも君は怒ることもなく全部受け止めてくれたね」と述べた。続いて郷さんは「同じ世代を駆け抜けていく同志という思いでした。自分の人生をダイナミックに生きる人だと痛感しました」と語った。

 74年から続けていた野外コンサートの舞台・大阪球場をイメージした祭壇は約1万7千本の花で彩られ、組み込まれたLEDがペンライトのようにまばゆい光を放った。中央のグラウンド部分には西城さんが愛用した白いマイクスタンドが置かれ、「最後のコンサート」を思わせる情景が広がった。

 法名は「修音院釋秀樹(しゅうおんいんしゃくひでき)」。「音」は音楽界に対する大きな功績を表し、「秀樹」は芸名として長く親しまれたことから、読み方もそのままにしたという。

 午後1時、名曲「ブルースカイ ブルー」のメロディーが流れる中、出棺。参列者からは「ヒデキー、ありがとう!」と呼びかける声が響いた。(編集委員・小泉信一