[PR]

ペッパースープ@ワシントン

 米国でタクシーに乗ると、アフリカからの移民の運転手に出会うことが多い。私はワシントンに赴任する前に3年間、アフリカ特派員としてアフリカ各国を訪れた。大抵の方の出身地には行ったことがあり、話は盛り上がる。内戦や政変などで国を追われた人も少なからずいるから、話の入り方には気をつけるようにしている。食べ物の話ならば間違いはない。出身国を聞いて、私が伝統料理に言及すると相手の話は止まらない。

 ただ、正直に言うと私は食に関して新しいことを試す姿勢は欠けている。アフリカに限らず、ヨーロッパなど世界中どこに行ってもまず探すのが日本食、なければ東アジア系の近い味という具合だ。そんな私でも「アフリカで食べたあれがまた食べたい」と思う料理がある。

 ナイジェリアの「ペッパースー…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも