西城秀樹さんの告別式で野口さんに続き、郷ひろみさんが弔辞を読んだ。全文は以下の通り。

     ◇

 これが、僕から秀樹に送る、最初で最後の手紙になります。

 弔辞。秀樹、五郎、そして、僕。「新御三家」と呼ばれて、気がついたら45年以上の月日が流れていました。秀樹、五郎は僕より先にデビューしていて、何もわからず芸能界に飛び込んだ僕は、2人の背中を見て、歩んでいくことがやっとでした。

 あのころ、毎日のように音楽番組があって、2人が当たり前のようにそばにいて、でも僕の中では、2人のことをライバルと思ったことは一度もなく、同じ世代を駆け抜けていく同志という思いでした。

 1978年、日本レコード大賞で秀樹、五郎の2人が金賞を受賞し、残念ながら僕一人だけ、名前を呼ばれることはありませんでした。でも、その時の思いが自身のバネになって、翌年日本レコード大賞大衆賞を、「あなたがいたから僕がいた」で受賞することが出来ました。人は頑張れば、努力すれば、必ずかなうんだ。それを、教えてくれたのは2人の存在です。

 あるとき、秀樹が40度近い高熱が出たにもかかわらず、ステージを務め、最後は倒れるように歌を歌い上げた。本当にファンの人のことをまず大事に考えて、自分の人生をダイナミックに生きる人なんだなって痛感しました。

 そして今から2年前、2016年、ある雑誌の対談で本当に久しぶりに秀樹、五郎、僕、「新御三家」が顔を合わせました。秀樹は大病を患ったにもかかわらず、力を振り絞って、そこに駆けつけ、そして一つ一つの言葉を大切に、伝えてくれる。僕はとても心を打たれました。

 残念ながら、それが秀樹を見た最後になってしまいました。あの時、対談の中で、

 ここまで歌を続けてきたんだから感謝っていう気持ちをもってこれからも歌い続けていこう。

 そう締めくくったにもかかわらず、秀樹は天国に行ってしまいました。本当に残念です。

 日本中の人々から愛された秀樹の歌、そして笑顔。これは、これからも人々の心の中に、しっかりと刻まれていくことでしょう。

 僕は秀樹のことを兄貴という風に思っていました。というか、まず最初にデビューした五郎が長男で、秀樹が次男。僕が三男。その思いは今でも変わっていません。これからも、秀樹の背中を見て、心の中でそう思って、ずっと歌を歌い続けていきたいと思っています。

 今まで、本当にありがとう。そして、安らかに眠って下さい。