[PR]

 旧優生保護法(1948~96年)による強制不妊手術や優生思想について、障害者の立場から考える学習会が富山市内で25日に開かれた。強制不妊手術の対象外ながら、障害があることで子宮摘出を迫られたり、実際に摘出されたりした女性3人が自身の体験と考えを語った。障害者の自立を支援するNPO法人「文福(ぶんぷく)」(富山市五福)の主催。

 脳性まひのある福田文恵さん(57)=同市=は、養護学校に通っていた頃、看護師から「生理がない方が楽」と言われ、子宮摘出を勧められた。しかし、体への負担を懸念した医師が反対し、手術を免れた。福田さんは「邪魔だから取ればいいという考えは無いだろう」と訴えた。

 脳性まひを持ち、出産と育児を経験した四十物(あいもの)千鶴子さん(65)=同市=は、家族などから出産に反対された。「障害者は産んでも『いい子』が出来ないという優生思想が背景にあったと思う」と振り返った。

 最近になって国が強制不妊手術…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら