[PR]

 中曽根康弘元首相が27日、100歳の誕生日を迎えた。歴代首相の中では、102歳まで生きた東久邇稔彦元首相に次ぐ長寿。今もネクタイを締め、週に2、3回は自らの事務所に顔を出しているという。

 中曽根氏は、朝日新聞などに文書でコメントを寄せ、大正、昭和、平成に続く来年の皇位継承に触れ、「新たなる時代への大いなる期待と共に四代を生きることに誠に深い感慨を覚える」と振り返った。

 政治の現状への所感として、「時代が人をつくり、人が時代をつくる。其々(それぞれ)の政治世代が時代の抱える問題と課題に対し政治の責任を自覚し、勇断を似って確(しっか)りと役割を果たしていくべきだ」。持論の憲法改正についても、与野党を超えた取り組みに改めて期待感を表明した。

 長寿のひけつについてもコメントし、「規則正しい生活」に加え、「飽くなき探求心と知的好奇心こそ肝要です」としている。(明楽麻子)

こんなニュースも