[PR]

 模型や写真などを通して子どもたちに鉄道の魅力に接してもらう催しが26日、あすたむらんど徳島(徳島県板野町那東)で始まった。27日まで。子ども科学館常設展の観覧料(大人510円、小中学生200円、小学生未満無料)で入れる。

 展示には徳島模型鉄道の会が協力した。10回目の今年は、新幹線の写真パネルの前で車掌の帽子をかぶり記念撮影するコーナーができ、人気を集めていた。他に約300両の鉄道模型を操作できるほか、手回しで進む一周約30メートルのトロッコもある。

 順番待ちの列ができた電動ミニSLは、親子で乗車できる。鉄道好きだという徳島市の笹木花純ちゃん(2)は先頭車両に母親と乗って大はしゃぎ。「速かった。楽しかった」と話していた。(三上元)