【動画】アメリカンフットボールの日大―関学大の定期戦で起こった反則行為=関学大アメフト部提供
[PR]

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦(6日、東京)で、日大の守備選手が関学大選手に悪質なタックルをして負傷させた問題は、守備選手が精神的に追い詰められていたことが背景にある。絶対的な存在である指導者が選手を強烈に追い込む、昔ながらの日大アメフト部のスタイルは、今の時代に合うのか。

 守備選手は前監督や前コーチから「やる気がない」と指摘を受け、3日から実戦練習をはずされた。そして、5日に「1プレー目からQBを潰せ」という指示を前コーチから受けていた。守備選手は22日の記者会見で、「ここでやらなければ後がないと思って試合会場に向かった」と、試合当日の悲壮感を明かした。

 慶大野球部で活躍し、1985…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら