[PR]

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は27日、大統領府で記者会見し、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と26日に行った南北首脳会談の内容を自ら説明した。「6月12日の米朝首脳会談は成功裏に行わなければならず、韓(朝鮮)半島の非核化に向けた私たちの旅は、決して中断されないことを確認した」として、米朝会談実現に向けて互いに協力することで一致したと述べた。6月1日に南北高官協議を開くことで合意した。

 約1カ月の間に再び会談した経緯について、文氏は「金委員長が一昨日(25日)午後、形式は問わないので会いたいとの意思を伝えてきた。私は快諾した」と説明した。トランプ米大統領が米朝会談の中止を決めた後、正恩氏側が会談を求めてきたことになる。

 文氏は「金委員長は、半島の完全な非核化についての意思が確固としていることを昨日、改めて表明した」と指摘。米側が求める「検証可能で不可逆の完全な非核化」に対して、正恩氏がどう語ったのか記者に問われると、「米朝会談は双方の意思を確認した後に可能となる。米朝は、その意思を確認したのではないか」と述べた。会談に向けた準備交渉がまもなく始まるとも話した。

 文氏は、今回の南北会談では、米朝首脳会談を成功に導くことに加え、朝鮮半島の非核化を経て地域の平和を実現させる問題や、板門店宣言の早期履行なども話し合ったとした。

 6月1日の開催で合意した南北高官協議では、軍事的緊張の緩和をめざす軍当局者協議や、離散家族再会に向けた赤十字会談を開くことなどを議論するという。(ソウル=武田肇)