[PR]

 トランプ米大統領は26日夜、米ホワイトハウスで記者団に対し、自身が24日に中止を表明した米朝首脳会談について、「とても順調に進んでいることに言及したい」と述べた。そのうえで、「我々は6月12日のシンガポールでの開催を見据えている。その予定は変えていない」と語り、当初の予定通りに開催を目指すことに意欲を示した。

 トランプ氏はまた、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長による2回目の南北首脳会談について、「(両国間の)対話は、とてもうまくいった」と評価した。

 トランプ氏は米朝首脳会談について、「我々は朝鮮半島の非核化を成功できるだろう。北朝鮮、韓国、日本、世界、米国、そして中国にとって素晴らしいことだ」と述べ、首脳会談の先行きに前向きな見通しを示した。さらに「とても順調に進んでおり、何が起こるか見てみよう」と語った。

 米朝首脳会談をめぐっては、トランプ氏は24日午前、正恩氏にあてた書簡の中で、北朝鮮がその直前に公表した声明に、「強い怒りとあからさまな敵意」があったとして中止を表明した。

 しかし、その後に北朝鮮の金桂寛(キムゲグァン)・第1外務次官が出した談話について、「北朝鮮から温かく生産的な声明が届いた」と評価。25日夕、自身のツイッターに、「我々は米朝首脳会談の復活について、北朝鮮と非常に生産的な対話を行っている」「開催されれば、シンガポールで同じ日、6月12日になる可能性がある」などと投稿。前日の首脳会談中止の表明から一転、開催に前向きな姿勢を示していた。(ワシントン=園田耕司)