[PR]

 米国が全世界に「中止」と宣言した米朝首脳会談が、わずか3日間で再び「開催」の流れになった。米朝ともに、開かれないと失うものが大きいと判断したためだ。北朝鮮は会談実現に向けた「確固たる意志」を示し、トランプ米大統領は再び前のめりになっているが、非核化をめぐる溝は依然として深いままだ。

当惑した正恩氏、韓国に「会いたい」

 3日間という短い期間で、国の首脳レベルの外交がこれほど激しく動いたことがあっただろうか。

 24日、トランプ米大統領が米朝首脳会談の中止を通告。25日、北朝鮮は対話の継続を主張、トランプ氏が評価。26日、南北首脳が会談、トランプ氏が予定通り6月12日に米朝会談を行うことに意欲を示す――。

 こうした流れを受け、27日付の北朝鮮の労働新聞(電子版)は「6月12日に予定される朝米首脳会談」と国民に知らせた。これまで米朝会談を開くことは国内向けに伝えていたが、日程は触れていなかった。米朝会談をどうしても実現させたい思惑がうかがえる。

 26日の「電撃的」(朝鮮中央通信)な南北首脳会談は、韓国大統領府によれば、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長から「会いたい」と言ってきた。24日のトランプ氏による米朝会談中止の発表の直後、北朝鮮は25日朝に金桂寛(キムゲグァン)第1外務次官が対話継続を訴える談話を発表した。正恩氏が韓国に首脳会談を打診したのは、この日の午後。米国の動きに当惑した様子がうかがえる。

 「トランプ流」の駆け引きに翻弄(ほんろう)されつつ、米朝会談の実現にこだわるのには理由がある。

 正恩氏は、南北首脳会談で文在…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら