[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と米国のトランプ大統領は27日(日本時間)、それぞれ米朝首脳会談を6月12日にシンガポールで行うことに意欲を示した。トランプ氏による会談中止の表明で一度は実現が危ぶまれたが、すでに両国は事前交渉を再開した。ただ、非核化をめぐる考え方の溝は埋まっていない。

 正恩氏は、26日の南北首脳会談で韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領に、「6月12日に予定されている朝米首脳会談のために、多くの努力を傾けてきた」と謝意を示した。そのうえで、「歴史的な朝米首脳会談に対する確固たる意志」を述べた。朝鮮中央通信が27日、伝えた。

 トランプ氏は26日、米ホワイトハウスで記者団に、自身が24日に中止を表明した米朝首脳会談をめぐり、「(米朝間の調整が)とてもうまくいっている」と語った。そのうえで、「我々は6月12日のシンガポールでの開催を見据えている。予定は変えていない」と話し、予定通りの開催を目指すことに意欲を示した。

 さらにトランプ氏は「場所の名前は明かせないが、ここ(ホワイトハウス)からそう遠くないところで、話し合いが開かれている」とした。両国がすでに、会談開催に向けた調整を進めていると明らかにした。

 27日の米ワシントン・ポスト…

この記事は有料会員記事です。残り748文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り748文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り748文字有料会員になると続きをお読みいただけます。