[PR]

 陸上男子100メートルで桐生祥秀選手が日本人初の9秒台の記録を出した県営陸上競技場(福井市福町)正面に、愛称である「9・98スタジアム」の大型サインボードが設置され、27日に除幕式があった。県は歴史に残る競技場として全国に発信していく。

 西川一誠知事や山本文雄県議会議長、八木誠一郎・福井陸上競技協会長、陸上選手の代表らがテープカットし、縦11・5メートル、横6・7メートルの巨大なオレンジ色のボードが除幕された。

 続いてトラックで記念式典があった。桐生選手はビデオメッセージで「大変光栄に思います。多くの選手がこの競技場で素晴らしい記録を打ち立てることを期待します」と述べた。

 また、桐生選手と記念写真が撮れるスマートフォン用のアプリも制作した。大型サインボードの横にあるQRコードでダウンロードする仕組みで、競技場周辺の半径500メートルで使用できるという。(堀川敬部)