[PR]

 アメリカンフットボールの日大と関学大の定期戦(6日、東京)で、日大選手が関学大選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、日大の選手の保護者らが27日、東京都内で父母会を開き、出席した加藤直人部長や森琢コーチから経緯説明と謝罪を受けた。

 出席した保護者によると、加藤部長らは悪質なタックルによる一連の騒動について父母らに初めて直接謝罪し、関学大に提出した再回答書に沿って経緯などを説明したという。保護者の一人は「チームを変えたいという意識が強い選手、保護者と指導者側では差があると感じた」と話した。

 24日の父母会では、声明文を作成する選手の支援を決定。近く発表する予定。