[PR]

 「必ず新郎新婦に3人以上の子どもを産み育てて頂きたいとお願いする」などと語り、批判を受けて撤回した自民党の加藤寛治衆院議員が27日、自身の発言について「全国から賛同、激励が多数寄せられた」と述べた。「理想として3人は確か」「日本の将来を考えた発言」など賛同意見の内容も次々と紹介した。長崎市内で開かれた党長崎県連の会合でのあいさつ。

 「3人以上」などの発言は10日の派閥会合で行ったが、その日のうちに撤回。加藤氏はこの日も「批判も甘んじて受け入れなければいけない」と言及した。

 一方で、「そういうことを言っても子どもが産めるわけでは決してない」と断じた野田聖子総務相の批判を取り上げ、「今の話を総合すると、あながち当たってないんじゃないかなあと思う」と指摘した。

 加藤氏は会合後、記者団に、賛同意見を紹介した理由について「(自民党員の)みなさま方に承知して頂く。ただそれだけのこと」と答えた。(堀田浩一)