拡大する写真・図版 TV番組の収録で熱唱する西城秀樹さん=東京都港区、2006年9月、蛭田真平撮影

惜別 西城秀樹さん

 トップスターとはこの人のことを言うのだろう。だがおごることはなく、いつでも謙虚な姿勢だった。ファンやスタッフを大切にし、何より妻と3人の子どもを愛した。

 広島市出身。小学生のときにバンドを始め、高校時代にスカウトされて上京。「ワイルドな17歳」のキャッチコピーで1972年にデビューした。長身を生かしたアクションと絶唱。甘い歌声が主流だった男性アイドルの世界に、野性味とセクシーさを持ち込んだ。

 野球場での屋外コンサートなど新しいことにも数々挑戦した。「僕がやっていることは歌謡曲でもロックでもなく『西城秀樹』というジャンルなんだ」と話していた。世代を超えて愛された名曲「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」(79年)は洋楽のカバーである。「これ、やろうよ」と言われた当時のマネジャーが、日本語詞を1時間で書き上げたという。

 2003年と11年に脳梗塞(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く