[PR]

 大相撲夏場所で優勝争いを演じ、大関昇進を確実にした関脇栃ノ心(30)=ジョージア出身、春日野部屋=が千秋楽から一夜明けた28日、東京都内の部屋で記者会見した。

 昨夜はぐっすり寝たという栃ノ心は青いはかま姿で登場。13勝の夏場所を振り返り「少し疲れましたけど、うれしいです」。

 ここ3場所で計37勝と安定感があり、日本相撲協会審判部も文句なしで大関に推した。本人は大関の地位について「大変でしょうね。もっと頑張らないと」と表情を引き締めた。

 30日に協会の臨時理事会が開かれ正式に昇進が決まり、部屋で昇進伝達式がある。そこで述べる口上は「考えてない。親方に相談します」。師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)は「言葉のこともありますからシンプルにしたい。私も変な緊張をしないといけないな」と笑った。