[PR]

日立ソリューションズ常務執行役員・富永由加里さん

 日立グループで国内初の女性執行役員となった富永由加里さん。就職したのは男女雇用機会均等法の施行前でしたが、システムエンジニアとして仕事に打ち込んできた母親だからこそ、娘と過ごせる今があるといいます。そんな富永さんに、就職活動中の人生設計との向き合い方などをインタビューで聞きました。

 ――男女雇用機会均等法の施行5年前の入社です。

 「理系科目が好きで、工学部でした。女性はわずかでしたが、実習などは男女平等で、性別役割分担の意識は学生時代からありませんでした。生涯働くつもりでしたが、当時の女性は結婚退職が多く、総合職の仕事は限られていた。その年から女性のシステムエンジニアの総合職採用を始めた当社でも、面接で『(寿退社まで)何年働けますか』と聞かれました。『定年まで働きます』と言ったら、驚いて笑っていました」

 ――働き始めの苦労は。

 「配属先に女性の総合職は私一…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら