[PR]

 経済評論家の勝間和代さん(49)が28日、自身のブログで、女性と交際、同居していることを公表した。「私も楽になるし、周りにも同じような悩みの人のヒントになる可能性があると思った」と、公表の理由をブログで説明している。

 勝間さんは朝日新聞の取材に対し、「女性を好きになることにふたをしてきたと気づいた」と語った。「本来はわざわざ公表するようなことではない」とした上で、「過去の私を含め、同性を好きになることが悪いことだと思う傾向が、この社会は強すぎる。同性愛は、悪いことでも誇ることでも卑下することでもない。ニュートラルに自分も考えたかったし、社会が変わる一つのきっかけになればと思った」。

 勝間さんはこれまでに2度、男性と結婚、離婚し、3人の子どもがいる。数カ月前から、LGBTコンサルタントの増原裕子さん(40)と暮らしているという。増原さんは、東小雪さんとともに、パートナーシップ証明書を発行する条例を全国初で制定した東京都渋谷区で交付第1号となったが、昨年12月に関係を解消した。(山下知子)