[PR]

「ハンサムマザー」はとまらない:56

今尾朝子 

 夏が近づくと、肌の露出が自然に増えてくるファッションですが、主婦的には肌の出しすぎは気になるところ。VERYでは3月号表紙に、今季トレンドのショートパンツを着こなしたモデル写真を掲載したところ、読者の反応は賛否両論。「年齢的にイタい」「もうひざ小僧を出す勇気がない」などのコメントもあれば、「季節感のある格好がしたくなった」「いやらしくないのがいい」など前向きな感想もいただきました。

 リゾートや水遊びにはショートパンツをはくことはあっても、街着にするには抵抗がある方が多いようです。そのような方に、VERYからの提案は二つあります。

 まずは、同じく今季トレンドのジャケットを合わせて着こなす方法。きちんと感が出るので、リゾートファッションにならずに済みます。長袖のシャツやサマーニットもおすすめ。上半身の肌露出を控えた着こなしがポイントです。

 もう一つは、これから迎える梅雨時期、ショートパンツに長め丈のレインブーツの組み合わせ。「ボトムスが雨にぬれてまとわりつくことも、泥の跳ね返りも気にならず、ずっと軽快に過ごせますよ」とはあるスタイリストさんの声。雨の日以外も、バレエシューズなどつま先の隠れる靴のほうがなまめかしくならないようです。

 上半身の肌見せで人気なのが、背中の襟ぐりが大きめに開いたバックシャントップス。肩や鎖骨が露出するオフショルダートップスはセクシー過ぎると感じるママたちも、背中なら出せると涼しげファッションを楽しんでいるよう。

 夏のド定番、白Tシャツにも変化が。Tシャツといっても、袖のないノースリーブTシャツを愛用するママたちが増えています。二の腕は中途半端に見せるより、潔く出してしまったほうがヘルシーで、腕が長くほっそり見える場合も。わき汗ジミを心配する必要もなし。そんなノースリTの日は、下半身の肌見せは控えめに、パンツやロングスカートを合わせるのがおすすめです。忙しくなる夏、オシャレで気分を上げていくのも一つです。