[PR]

 28日午後4時半ごろ、熊本市東区新南部(しんなべ)5丁目で、男性から「刃物で男に顔を切られた」と110番通報があった。熊本県警熊本東署によると、警察官が現場に駆けつけたところ、刃物を持った男がいた。逃走した男が追いかけた警察官に向かってきたため、男性巡査長(40)が警告のうえ、拳銃を発砲した。弾は命中し、男は搬送先の病院でまもなく死亡した。

 県警は、正当な理由なく刃物(約15センチ)を所持していたとして、銃刀法違反の疑いで男を現行犯逮捕。発砲した巡査長も、男に刃物で顔を切りつけられてけが。ほかにも1人がけがを負った。