剣豪小説や「下天(げてん)は夢か」などの長編歴史小説で知られた直木賞作家の津本陽(つもと・よう、本名津本寅吉〈つもと・とらよし〉)さんが26日、誤嚥(ごえん)性肺炎で死去した。89歳だった。葬儀は親族で営む。喪主は妻初子さん。後日、お別れの会を行う。

 和歌山県生まれ。東北大法学部卒。富士正晴、島尾敏雄らの同人誌「VIKING」に参加。78年、明治期に滅びゆく紀州の古式捕鯨を描いた「深重(じんじゅう)の海」で直木賞。「明治撃剣会」「薩南示現流」など、剣道3段、抜刀術5段の心得を生かした迫真の殺陣描写で剣豪小説に新境地を開いた。

 80年代後半、初めて手がけた本格的歴史小説「下天は夢か」を日本経済新聞に連載。織田信長の一生を描き、累計200万部をこえるベストセラーになった。95年に「夢のまた夢」で吉川英治文学賞、97年に紫綬褒章、03年に旭日小綬章。05年に旺盛な作家活動に対して菊池寛賞を受賞した。95~06年、直木賞選考委員をつとめた。