[PR]

 阪神百貨店梅田本店(大阪市北区)が1日、東隣にできた新ビルに移り、改装オープンした。売上高の4割超を飲食関連が占める同店は、さらに「食」を強化。JRなどの駅につながる商業施設も相次いで飲食フロアを改装していて、キタの中心地・梅田は「グルメ激戦区」になってきた。

400円以下のラーメンも

 1日午前、開店前に約2500人が並んだ梅田本店は、定刻を5分早めてオープンした。新店舗や話題の商品を目当てにした客で売り場は活気をみせた。大阪市天王寺区のアルバイト尾崎行滋(こうじ)さん(42)は1時間半前から開店を待った。「両親へのお土産にいか焼きを買いに来ました」

 同店が改装でこだわったのは「食」。立ち食い形式の「スナックパーク」の復活は最大の目玉だ。1957年の阪神百貨店開店当時からある飲食エリアが前身で、「おやつセンター」として親しまれた。その後、スナックパークとして営業を続けていたが、改装工事のため2015年2月から休止していた。なかでも「いか焼き」は1日平均で8千枚を売り上げる名物。この3年余りは持ち帰りだけだったが、その場で焼きたてを味わえる。約130人まで立ち食いできるフロアには、400円以下と値段の安さが好評だった「うまかラーメン」やオムライス店の「たまご丸」も復活し、百貨店初進出の大阪市西区の人気ラーメン店「カドヤ食堂」などこだわりの13店舗をそろえた。「早い、安い、うまい!」を掲げて、昼は500円程度のランチも用意し、夜は電車で帰宅する前の一杯をねらう。

【動画】阪神名物「いか焼き」の魅力=加藤諒撮影

 食品売り場は地下1階だけでなく地上1階にも広げた。日・週替わりで話題のパンを提供するコーナーや、400種類が試飲できる日本最大級のワイン売り場で独自色も打ち出した。

 今回の改装範囲は半分ほどで、全面開業は2021年の予定だ。営業面積が縮小するため、梅田本店の19年3月期の売り上げ予想は前年比73・8%の410億円にとどまる。阪急阪神百貨店の荒木直也社長は「あくまで準備期間。食を中心に新しいタイプの百貨店づくりを試したい」と意気込む。

■オフィス・マンション次々…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら