[PR]

 絶滅の危機にあり、ワシントン条約で取引が規制されているアルマジロトカゲ48匹を違法に所持し、国外に持ち出そうとしたとして、南アフリカのベルビル地方裁判所は28日までに、イコマ・コウジと名乗る日本人の男の被告に禁錮13年もしくは罰金100万ランド(約900万円)の有罪判決を言い渡した。

 男は昨年11月、西ケープ州内で冷却用バッグにアルマジロトカゲ48匹(580万円相当)を所持していたところを地元警察に逮捕されていた。裁判で密猟と所持、日本への密輸目的だったことを認めたという。

 28日付の地元メディアIOL(電子版)によると、ハンダ・タカシと名乗る日本人被告も5匹を所持していたなどとして、禁錮6年もしくは罰金30万ランド(約270万円)の有罪判決を言い渡されたという。

 アルマジロトカゲは南アフリカの固有種で、主に西部の乾燥地帯に生息する。体長は20センチ程度で、日本ではペットとしての人気が高く、1匹数十万円で売買されることもあるという。密猟・密輸が多発したため、現在は国際的に取引が厳しく制限されている。(ヨハネスブルク=石原孝