天皇、皇后両陛下は29日午前、皇居内の「埒(らち)馬場」で、宮内庁主馬(しゅめ)班が保存につとめてきた古式馬術の競技「打毬(だきゅう)」を観覧した。皇太子さま、秋篠宮ご夫妻も同席した。

 打毬は、ヨーロッパの「ポロ」と起源が同じと言われる団体競技。馬に乗った競技者が赤組と白組にわかれ、先端に網がついた棒「毬杖(きゅうじょう)」で、「毬(たま)」をすくい上げ、ゴールに投げ入れていく。かつては両陛下もお子さま方らと共にたしなんだ。

 この日は、競技者が威勢の良いかけ声を上げて入り乱れ、相手の毬杖をたたいて妨害するなど激しい展開となった。試合後、両陛下は盛んに拍手を送り「動きが良くなりましたね」と話した。(中田絢子