[PR]

 中国の民主化を求め北京の天安門広場に集まっていた若者が弾圧された天安門事件から4日で29年。共産党政権は今も事件を語ることを許さず、真相解明を求める動きを封じており、事件を知らない若者が増えている。そんな現状に危機感を抱いた中国人男性がドキュメンタリー映画を亡命先の米国で制作した。(広州=益満雄一郎)

 中国四川省成都出身で、米東部メリーランド州在住の楊雨さん(42)が、約1年半かけて「1989の娘(中国語名=1989的女孩)」を私費で制作。今年1月、動画サイト「ユーチューブ」で公開した。電子メールで取材に応じた。

 天安門事件に関わった民主活動家の父親を持ち、人権団体の支援などを受けて米国に移住した陳橋さん、楊倩怡さん、王●(●はくさかんむりに止)怡さんという若い女性が主人公だ。普通の学生生活を送る3人を通じ、父親が身を危険にさらして追い求めた自由や民主の大切さを淡々と描く。事件当時の生々しい映像はないが、中国の警察の非情さを印象づける場面もちりばめられている。

 「私の話した内容が判決で父を不利にする証言として使われていました」

 陳橋さんは映画の中で2010…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら