[PR]

 アメリカンフットボールの悪質タックル問題で、日本大学の大塚吉兵衛(きちべえ)学長が29日、日大の公式サイトで、企業の採用担当者に向けて就職活動中の日大の学生に対して配慮を要望した。内容は次の通り。

日本大学学長から採用ご担当者の皆さまへ(お願い)

 採用ご担当者の皆さま

 平素は本学学生の採用に関し、格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 このたびは、本学に関する各種報道においてお騒がせをし、採用ご担当の皆さま並びに関係者の皆さまに多大なるご迷惑、ご心配をおかけしましたことを心より深くお詫(わ)び申し上げます。

 今回の件を本学教職員一同、深刻に受け止め、学生の支援に今まで以上に最大限の努力を尽くし、また、一日も早く皆さまからの信頼の回復が図れますよう努める所存でおります。

 就職活動中の本学学生はこれまで勉学に励み、真摯(しんし)に学生生活を送ってまいりました。採用ご担当の皆さまにおかれましてはこの点をご理解いただき、本学学生の就職活動へのご支援につきましては従前と変わらぬご高配を賜りますよう伏してお願い申し上げます。

 略儀ではございますが、どうか今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻(べんたつ)のほどよろしくお願い申し上げます。

 平成30年5月29日

 日本大学学長 大塚吉兵衛

こんなニュースも