[PR]

 岡山県津山市で2004年9月、小学校3年生の筒塩侑子(つつしお・ゆきこ)さん(当時9)が殺害された事件で、県警は30日、別の殺人未遂事件で岡山刑務所に服役中の勝田州彦(くにひこ)容疑者(39)=兵庫県加古川市平岡町新在家=を殺人容疑で逮捕し、発表した。「刃物で刺したという所以外は僕がやったことに間違いありません」などと供述しているという。

 県警によると、勝田容疑者は04年9月3日午後3時15~35分ごろ、津山市総社の筒塩さんの自宅で、筒塩さんの首を絞めた上、刃物で胸や腹を複数回刺して殺害した疑いがある。筒塩さんの死因は窒息と失血とされる。

 勝田容疑者は15年5月に兵庫県姫路市の路上で女子中学生(当時14)をナイフで刺したとして殺人未遂容疑で逮捕され、16年10月に大阪高裁が言い渡した懲役10年の実刑判決が確定。確定判決は動機について、「少女が腹部から出血している姿を見たいなどの思い」と認定した。

 捜査関係者によると、この事件の手口などが筒塩さんの事件と類似しているとみて、県警は昨年9月ごろから任意で勝田容疑者に事情を聴いていた。勝田容疑者が「首を絞めた」などと関与をほのめかす供述をしたことなどから、逮捕に踏み切ったという。勝田容疑者の供述や周辺の捜査結果から、2人に面識はなかったとみられる。

 事件は04年9月3日に発生。午後3時35分ごろ、自宅1階の8畳間で、筒塩さんが胸から血を流して倒れているのを帰宅した当時高校1年生の姉が見つけた。筒塩さんは数カ所に刃物で刺されたような傷があり、衣服に乱れはなかった。県警は、午後3時15~20分ごろに筒塩さんが帰宅し、間もなく殺害された可能性があるとみている。

 事件後、不審者に関する目撃情報などが寄せられたが、容疑者の特定につながる有力な手がかりはなく、捜査は難航していた。県警は最大の懸案事件として、これまでに延べ約6万3千人の捜査員を投入し、捜査を続けてきた。

 県警は30日午前、加古川市の勝田容疑者の自宅を家宅捜索。今後、2人の接点や動機、供述内容の裏付け捜査を進める。