[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会出場を控えた日本代表(世界ランク60位)は30日、日産スタジアムで、ガーナ代表(同50位)と国際親善試合で対戦し、0―2で敗れた。開始早々にFKで先取点を奪われると、後半にはまずい守備からPKを献上して2失点目。高い位置でボールを奪い、攻撃に転じるといった狙いは、発揮できなかった。西野監督が就任して初めての試合となる日本の先発布陣は、3―4―2―1。右に吉田、中央に長谷部、左に槙野の3バックを採用した。31日には、W杯に臨む日本代表メンバー23人が発表される。

 【試合終了】

 W杯本番へ向けての期待感はゼロ。光明を見いだせない「壮行試合」に、観客の大ブーイングが降り注いだのには納得がいく。

 【後半31分】

 井手口がピッチに送りこまれた。代わったのは長谷部。布陣も4―4―2に変更した。

 【後半25分】

 日本の布陣は3―5―2。岡崎と武藤のツートップに変えたが、後半序盤は動きの良かった香川がスペースを見つけられず窮屈そうになっている。

 【後半14分】

 日本は本田に代わって岡崎(レスター)、山口に代わって柴崎(ヘタフェ)が出場。代表合宿中の岡崎は、リハビリに励む一方、以前に比べて下半身がたくましくなったように見受けられたが、どうか。

 【後半6分】

 ガーナがPKで2点目。長谷部が相手に抜かれかかったところに、飛び出したGK川島がぶつかったとの判定。長谷部が相手に体を入れかえられた時点で、失点を覚悟させられた。

 【後半開始】

 日本がハーフタイムで3選手を入れ替えた。大迫に代わって武藤(マインツ)、宇佐美に代わって香川(ドルトムント)、原口に代わって酒井高(ハンブルガーSV)が出場した。

 【前半終了】

 右のトップ下で起用された本田の存在感は、ここまではいまいち。相手の右サイドが弱いので、意図的に左へ流れるように動いていたが、決定的な仕事もできていない。本田と同じポジションを争う香川が先発だったなら、どう動いていたか。

 【前半33分】

 本田が約30メートルのFKを直接狙う。球はGKにはじき出されたが、それで得たCKで、本田が再びシュート。この二つのプレーで、日本はチーム全体が活気づき始めたように映る。

 【前半20分】

 日本の右ウィングバック原口が、スルーパスで相手守備ラインの裏に抜け出し、クロス。得点には結びつかなかったが、日本の狙いがうまくはまった場面だった。

 【前半9分】

 日本はガーナにFKを直接決められる。川島の手をはじく、低くて強烈なシュートだった。だが、日本の壁のつくり方も甘かった。

 【前半5分】

 大迫が敵陣中央でシュートを放ったが、ジャストミートせず。長友が相手守備陣が整っていないのを見て、早めにクロスを入れたのが良かった。

 日本の先発は次の通り。

 ▽GK 川島(メッス)▽DF 長友(ガラタサライ)槙野(浦和)吉田(サウサンプトン)▽MF 長谷部(Eフランクフルト)本田(パチューカ)山口(セ大阪)原口、宇佐美(以上デュッセルドルフ)大島(川崎)

▽FW 大迫(ブレーメン)