狩野忠正さん(かのう・ただまさ=建築家)が5月30日、誤嚥(ごえん)性肺炎で死去、80歳。葬儀は近親者で営む。喪主は長男新(しん)さん。

 三輪そうめん山本本社(奈良県桜井市)で、1981年に吉田五十八賞を受賞。神戸大学百年記念館や天満天神繁昌亭などを手がけ、神戸大学と大阪芸術大学で教授を務めた。