[PR]

 アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で揺れる日本大は1日、東京都千代田区の日大本部で理事会を開き、アメフト部前監督で常務理事の内田正人氏(62)が5月30日付で辞任したことを了承した。日大が報道各社にファクスで通知した。「今回学内外に多大な迷惑をかけたこと」が理由だという。

 日大は送付した文書で「大学としまして、改めて被害選手及び保護者並びに関西学院大学アメリカンフットボール部の関係者の皆様、そして本学学生、教職員、校友をはじめ、関係各位にも深くお詫(わ)び申し上げます」と謝罪した。また、問題を調査するため、弁護士7人による第三者委員会を31日に設置したと発表した。委員長は元広島高検検事長の勝丸充啓弁護士で、7月下旬に調査結果を報告する予定だという。

 この問題を巡っては、内田前監督らは会見や関学大への回答書で悪質タックルの選手への指示を否定していた。だが、関東学生アメフト連盟の規律委員会は選手、コーチ、審判らへの聞き取りの結果、タックルした選手が証言していた内田前監督の「やらなきゃ意味ないよ」といった発言を事実とし、「けがをさせる意図が込められていた」と認定。日大アメフト部の体質を「監督の言うことは絶対だった」などとし、最も重い除名処分としていた。

 31日には日大教職員組合も、内田前監督が務める常務理事などの全役職を解任することなどを求める要求書を、大学に提出していた。

 日大アメフト部出身の内田氏は攻撃ラインの一員として活躍。卒業後は大学職員となり、人事部長、理事などの要職を歴任し、人事担当や男女共同参画担当の常務理事に就任した。2003年にアメフト部のコーチから監督に就任し、1年のブランクを経て監督復帰した昨シーズンは、チームを27年ぶりの大学日本一に導いた。