【動画】ウミウシの仲間「ヤマトメリベ」の捕食=白石昌幸撮影
[PR]

 大きな口のような頭巾を広げてエサをパクリ――。山口県下関市の水族館「海響館」で、ウミウシの仲間「ヤマトメリベ」が展示されている。国内での発見例は少なく、生きたまま展示されるのは珍しい生き物で、怪獣のような姿や生態が来館客を驚かせている。

 クラゲのようにも見えるヤマトメリベは、半透明で遊泳性のウミウシ。最大で約50センチに成長するという。頭巾と呼ばれる部分を投網のように広げ、エビなどの小さな生物を食べる。背の部分にはピンク色の斑点がある突起がついている。

 今回展示しているのは、大きさ約20センチの個体。同館スタッフの久志本鉄平さんが、長門市青海島沿岸で採取した。同館での展示は7年ぶりになるという。

 久志本さんは「捕食シーンは、…

この記事は有料会員記事です。残り93文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り93文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り93文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース