[PR]

 奈良公園(奈良市)にある鹿の保護施設「鹿苑(ろくえん)」で1日から、鹿の赤ちゃんの一般公開が始まった。30日まで。奈良の鹿愛護会によると、5月2日に1頭目が生まれて以降、子鹿の数は計114頭になった。

 この日、公開のために角切り場に放たれたのは、子鹿40頭と妊娠中の鹿や母鹿58頭。親子で芝生の上で草をはんだり、日陰に入ってくつろいだり。「かわいい」と盛り上がる修学旅行生やカメラで写真を撮る人たちが観覧席から愛らしい姿を見守った。

 愛知県扶桑町の会社員、中島勇希さん(23)は、シカが好きで月1回ほど奈良に来ているという。「生まれたての子鹿は見たことなかったので、遠くから来たかいがありました。鳴き声も聞けましたし、しぐさがかわいいですね」とうれしそうだった。

 公開は午前11時~午後2時。大人300円、高校生以下無料。問い合わせは愛護会(0742・22・2388)。(加治隼人)