[PR]

 かつての優生保護法(1948~96年)のもと、聴覚障害者も不妊手術を強いられた。当時、手話通訳が広まっていなかったことから情報が限られ、疑問に感じても十分に気持ちを示せなかった人も少なくない。全日本ろうあ連盟(東京都)は今年3月から強制不妊手術の独自調査を進めており、中間結果は9日午後、大阪市で開かれている全国ろうあ者大会で発表される予定だ。

 大会を前に、東京都聴覚障害者連盟の調査に応じるなどした2人の男性が手話で取材を受けた。

 東京都の宍戸和美さん(81)は今年、強制不妊手術を伝える新聞を読み、「自分と同じだ」と気づいた。同連盟から調査の依頼が届き、聞き取りに応じた。

 宍戸さんは「これまで、誰に責…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら