[PR]

 毎週水曜午後7時。思い出すと、少しなみだ目になる。

 テレビアニメ「あしたのジョー」が始まる時刻だった。小学生だったわたしたち男3人兄弟は、知り合いの長屋の茶の間に上がりこみ、すみっこでテレビを見させてもらった。実家は貧しく、テレビも風呂もエアコンもなかった。

 「なみだ橋を逆に渡るんや! ジョーよぉ!」

 子供心にそう記憶した、段平の叫びを、悲しく忘れない。

 泪(なみだ)橋とは、東京・南千住に実在する地名。近くには山谷の“ドヤ街”がある。主人公の矢吹丈は、孤児の不良だったが、底辺からボクシングの世界でのし上がっていく。

 原作漫画は、こう始まる。

 「はなやかな東京のかたすみに(略)道ばたのほこりっぽいふきだまりのような(略)そんな街があるのをみなさんはごぞんじだろうか」

 連載を始める前、作者のちばてつやさんは、取材で山谷を歩いたという。

 「簡易宿泊所に泊まるつもりだった。顔の見えない小さな窓から宿帳を出され、書き込もうとしたら、突然、ぴしゃっと閉めるんだ」

 部屋はない、と追い出された。押し問答も無駄だった。

 「どこにも泊めてもらえなかった。土地の者じゃないと、手でばれたんだろうね」

 この街に、白い手の男はいない…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら