[PR]

 6月12日に米朝首脳会談が開かれる場合の会場となるシンガポールでは、両国政府幹部による準備が急ピッチで進んでいる。郊外のリゾートホテル内で協議が続いており、警備や日程などについて話し合っているようだ。米側は12日の米朝首脳会談中止を発表したものの、開催を前提に準備が進められている。

 市街地から車で約30分のセントーサ島。遊園地や水族館に囲まれた高級ホテルは一般客の出入りが制限されている。米大使館の車両や、北朝鮮代表団を乗せたとみられるドイツ製高級車が出入りしているのが確認された。今月中旬まで一般の宿泊予約ができなくなっており、首脳会談で利用される可能性がある。

 米側はホワイトハウスのヘイガン大統領首席補佐官代理ら約30人。ヘイガン氏はレーガン元大統領時から共和党出身大統領の外遊の担当をしている。

 一方の北朝鮮代表団を率いる金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の秘書役、キム・チャンソン氏は、先代の金正日(キムジョンイル)総書記時代から秘書室にあたる書記局で勤務し、「金氏一家の執事」の異名をとる。首脳会談で最高指導者の儀典や動線の決定に絶大な影響力を持っているとされる。

 舞台裏を支えていたチャンソン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも