[PR]

 全体主義、核開発や拉致問題などネガティブなイメージが先行する北朝鮮の姿を、先入観を排してとらえ直そうと試みる写真集が、相次いで出版された。撮影したのはともに40代の男性。現地で出会った市井の人々の表情を、ありのまま伝えようとしている。(吉野太一郎)

 週末を楽しむ人たち。思春期の少年のニキビ。赤ん坊を抱く母親の視線――。北朝鮮も韓国も、政治体制や思想、文化は違っても、人の楽しみや悩みに大きな違いはないのではないか。

 大阪市の菱田雄介さん(46)は昨年末、そんな視点から「border | korea」(リブロアルテ)を出版。2009年から15年まで7回の訪朝で撮った写真を左側に、同じ構図で韓国で撮影した写真を右側に並べて対比した。

 民放テレビ局のディレクターと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら