[PR]

 群馬県中之条町六合(くに)地区にある「チャツボミゴケ公園」で、町が外来植物対策を始めた。2017年に国の天然記念物に指定されて観光客が増えるなか、人の出入りに伴って公園内に繁殖力の強い外来種が見られるようになってきた。この春から車の乗り入れを制限するなど水際対策を進めている。

 チャツボミゴケ公園は、旧六合村(現中之条町)の入山地区にある鉱山跡で、国内最大の群生地。強酸性の鉱泉が湧き出て、コケが青々とむす「穴地獄」付近には遊歩道が整備されており、春にはレンゲツツジ、秋には紅葉などと合わさって、季節ごとに様々な景色が見られる。

 この一帯は、15年に「芳ケ平湿地群」としてラムサール条約に登録。17年には「六合チャツボミゴケ生物群集の鉄鉱生成地」として国の天然記念物に指定され、観光客は大きく増えた。同町によると、それまで、年間2万~3万人だった入場者数は、16年度に約5万6千人になり、17年度には7万人を超えた。草津から車で約30分という立地の良さも人気の理由だ。

 しかし、同町六合振興課による…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら