[PR]

 サッカー日本代表の西野監督が1日、千葉県内で取材に応じ、ワールドカップ(W杯)ロシア大会のメンバー23人に入らなかった浅野拓磨(ハノーバー)と井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)がバックアップメンバーとしてチームに同行することを明らかにした。2人と同じく5月30日のガーナ戦メンバーだった三竿健斗(鹿島)にも打診したが、折り合わなかったという。チームはガーナ戦後に一度解散し、発表されたメンバーが1日夜に再集合。2日に直前合宿地のオーストリアへ向けて出発する。西野監督は「多少リラックスできた。みんな体調良く出発できたら」と話した。(時事)