[PR]

 今年で創立100周年を迎える静岡県立島田高校の学園祭で2日、35年前に校内に埋めたタイムカプセルを、当時の新聞部員らが掘り起こした。

 1983年、学校の創立65周年を記念し、校訓の「希望、友情、努力」を刻んだ石碑が建てられた。当時の新聞部員が、創立100周年の時に開けようと、円筒形の甕(かめ)に入れ、木工ボンドで封印して、石碑の裏に埋めた。

 その頃、元阪神の田村勤投手が野球部で活躍しており、島高新聞「あさひこ」には「県大会でベスト8」の見出しがおどる。生徒数は約1100人と現在の約2倍。掘り出された寄せ書きには「松田聖子、かわいい」などとあり、三浦友和やジェームス・ディーンのブロマイド、通学定期や生徒手帳、灰色のスリッパなども出てきた。

 当時の新聞部長で会社員の小泉…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら