【動画】ディスクドッグ日本一を決める全国大会=河合博司撮影
[PR]

 富士河口湖町船津の河口湖総合公園の芝生広場で2日、ディスクドッグ日本一を決める全国大会が始まった。地方予選で成績上位だった182組の人と犬が参加し、妙技を競った。

 ナショナルディスクドッグアソシエーション(NDA)の主催。主人が投げる直径約22センチのディスクを犬が空中でキャッチする。距離と正確性を競う「ディスタンス」と、親密さを演技で表現する「フリースタイル」の2部門がある。

 東京都の加茂可寿美さん(52)は、ラブラドル種の愛犬とフリースタイル部門に出場。愛犬は加茂さんの背中を踏み台に空中高くジャンプし、ディスクをキャッチする技を決めた。加茂さんは「技は遊びの延長で、犬の個性に合わせて考えます。失敗してもほめることが大事。『グッド・トライ』って」。

 大会は3日まで。演技時間は午前8時~午後4時。入場無料。(河合博司)