[PR]

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦(5月6日、東京)で起きた日大選手の悪質タックル。関東学生連盟の規律委員会の調査などが終わったことを受けて、主審を務めた男性(57)が2日、朝日新聞の取材に応じた。

 主審は関学大攻撃の1プレー目で、クオーターバック(QB)を負傷退場させた日大選手のタックルを不必要な乱暴行為と認め、反則をとった。本来ならチームは選手をベンチに下げる。選手経験のある主審も、そう思っていた。

 だが、3プレー目。ランニング…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも