[PR]

 日本三景の松島を舞台に写真撮影を楽しむ「2018松島モデル大撮影会」(全日本写真連盟南東北ブロック、朝日新聞社主催)が3日、松島町であった。約220人のアマチュアカメラマンらが真剣な表情でシャッターを切った。

 撮影会は今年で34回目。参加費の一部が町に寄付される。昨年から始まった高校生の部に参加した石巻好文館高1年の阿部麻琴さん(15)は、写真部の部員ら16人と参加。「一眼レフを使って人を撮るのは今日が初めて。モデルさんの魅力を伝えられるよう頑張ります」と話した。

 9月2~7日、仙台市青葉区の市福祉プラザで作品の展覧会が開かれる。